Profile

はじめまして、いやしです

Processed with VSCO with b1 preset

21世紀型悟り人、観術セッション士のいやしです。

自らが悟りを理解することで人の悩みの根源を知り、人が進むべき方向性に向かって道案内する活動をしています。

悟りとは認識の次元の問題です。その事を理解していくにはまず今の自分の現在地を知ることが必要となります。

現実が何か。真実が何かを理解することで、新しい世界へと案内していくこと。

正しい人、優しい人、ちゃんと生きようとする人ほど苦しいのが今の時代です。

その苦しみが生み出されている原因を知り、解決へと導くお手伝いをするのが私の仕事です。

主な活動内容としては

  • 観術セッション士としての各種セッション
  • 観術セッション士の紹介やマッチング
  • 21世紀型悟り人としての情報発信やセミナー活動
  • 21世紀型悟り人を育てるイベント開催

 

といった活動を中心に活動を行っています。

 

いやしってどんな人?

挫折を繰り返した人生

人生山あり谷ありとはよく言ったもので、なかなか大変だねと言われることも多い私の生き方です。

話すと長くなるので簡単にお話していきますね。詳しい話は機会があれば(笑)

子供の頃の私はとにかく母親のことが嫌いでした。「あなたはいつか結婚して嫁に行くのよ」と言われていたので家には自分の居場所がないように感じていました。

保育園でも学校に行っても、周りにも馴染めないし楽しいと思わないことを楽しめと言われる日々に疑問を感じていました。

大人になっても人との関係性を上手く作ることが出来ずに次第に生きている意味価値がわからない状態になりました。

死ぬのも怖いし、ただただ生きてる日々が続きました。

いよいよ死んだように生きている毎日の中で限界点に達してしまい、死に方を探しましたが見つけることは出来ませんでした。

生きる意味価値を見出したくて20キロの減量を経験しました。

初めての恋愛を経験し、喜びの日々が訪れたと思っていましたが、彼には本命の彼女が居て、わたしはただの浮気相手の女だったことを知りました。

選ぶ相手を間違えたんだと思って別の相手を好きになり、結婚の約束をしましたが、一方的な別れを切り出されて、よくわからないまま、また生きる意味価値のわからない日々が続きました。

過食を繰り返す状態になっていた私は気がついていたら体重が120キロまで増えていました。

見えた希望とその結果

このままでは人としてダメだと思った私はもう一度減量にチャレンジし45キロの脂肪を落とすことが出来ました。

今度はちゃんとした人と関係性を作りたいと思い、たくさんの出会いの中から信頼できるパートナーを見つけました。

結婚して3人の子供にも恵まれ、やっと見つけた自分の居場所に喜びと幸せを感じる毎日でした。

でも、幸せは長くは続きませんでした。

慣れない育児と義理の家族との関係性に戸惑う日々の中、パニックの発作が出たのです。

心療内科で診察を受けると発達障害の可能性があると診断されました。

ずっと感じていた生き辛さの原因に出会えた気がした私は少し救われた気持ちになりましたが、同時に、自分は普通の枠には入らないんだということに絶望しました。

家事と育児と義理の家族との関係性のズレは夫婦の関係も壊しました。

「俺の身体はお前には反応しない。このままでは一緒にいれないから別れて欲しい」と信頼する大好きな人に泣きながら言われた時に、ただ受け入れるしか選択肢がない私は、彼の意志を尊重して離婚に同意をしました。

経済的にも環境的にも子供にとっての一番を考えた結果、親権は夫が持つことになりました。

アタリマエのことがアタリマエにできない自分に何の価値があるんだろう?

答えの出ない質問の答えをひたすら探求する毎日が続きました。

どうにか救われる道を探した末に

とにかく答えを知りたくて、出来ることがあれば試す事を繰り返しました。

成功哲学や心理学など思考と感情についての本を読んで、セミナーに通ったり、実践で学ぶ必要が有ると思えばネットワークビジネスやコミュニティにも参加をしました。

それでも変化が訪れない私は、見えない世界に答えがあるのではないかと思いスピリチュアルの世界へ進みました。

エネルギーワークなどを通して、見えない世界と繋がることで変化を求めましたが、抽象的すぎて納得が得られず、全ての学びを通して出た結論は「人はポジティブシンキングでネガティブを消すことで幸せになる」というものでした。

そんな諦めにも似た気持ちが芽生えたときに出会ったのが認識技術です。この出会いが私の人生を大きく変えてくれました。

認識技術で変わるもの

一番最初に認識技術の凄さを感じたのはネガティブが生まれるのは自然なことじゃないということを知ることができたことです。

ネガティブは起こる仕組みと原因があるからネガティブな感情を感じることができるんだと知ったことで、ネガティブはただ嫌なものだと思っていた私に変化が起こりました。

湧き出る怒りに対して感情に流されず怒らなくて良くなったのです。

そして、現実が何かが分かったことで現実に起こることに対して客観視出来るようになりました。

現在でも、いろんなトラブルと呼ばれる出来事は身の回りで起きています。

これは因果に基づいて起こることですから、これ自体を変えることは原因となる全てを変えなければ結果は変わりません。

起こる出来事をありのままに受け止めた上で、自らの意思でどのように変化を作っていくかがこれから先の時代に必要なこととなってきます。

私の作りたい未来は全ての人が笑顔でいられる世界です。これは理想と諦める世界などではありません。

認識が世界を変える。ただ、その一言で全てが理解できる世界なのです。

認識技術を使って起こる変化

思考や感情はアイデンティティに沿って構築されていきます。アイデンティティとは「私が決めつけた私自身とはどういう人間であるのか」という規定の事です。その規定を基にあらゆる考えが確定されていきます。

既存の心理学などで言われる潜在意識という部分は「無意識に働く私自身の思考感情の作動プログラム」であり、アイデンティティはこのプログラムのベースとなる前提部分を規定しています。

観術を使って心を科学化していくことで潜在意識と呼ばれるいわゆる無意識の領域にあるものを意識化して、自分自身の設計図を理解していくことが出来ます。

いいとか悪いとかではなくパターンとして理解するのがポイントです。

無意識で作動させているプログラムを意識化させることで、そのプログラムをマイナスではなくプラスに活用することが出来るようになります。

無意識を意識化して制御可能にして、意識的に変化させたものを無意識化させることで、あなた自身の変化を作っていく技術が観術にはあります。

生きづらさがそのままその人のの魅力に変化する姿はいつも感動的だと感じます。

一緒に変化を作るパートナーとしてかかわらせてもらえる日が来ることを楽しみにしております。